~吐き出したつばが天空より降り注ぐ~

爆裂City
暴力無残に振るう牽制小娘震え脇目振るう相手は見知らぬ青空の下で孔を掘り進む渦巻く欲望悪夢の果てで 今は虚ろとなりにける蠢く羨望悪夢の果てで白痴が笑い出す狂気の宴はいつまでも続く下賤な笑い歌いだす人々は真っ白な円を描き肉片に成り果てる渦巻く欲望悪夢の果てで今は一重となりにける蠢く羨望悪夢の果てで白痴は霧の向こう創造の街は破壊された 暴動はうわの空音楽はもう鳴り止んで騒音が始まる渦巻く欲望悪夢の果てで今は霧散となりにける蠢く羨望悪夢の果てで白痴はキ・エ・ハ・テ・タ

仏前に供え花
「現世の益を失って苦行の道に入りける思うつぼの黎明は仏前に供え花。」
陰気に言葉を吐くのかい何でも云う事きかすのかい暗い地下の仕置き部屋君の全てが壊れてく全てということ全てが真理の全てをなんと説く曼荼羅背負って見てみたら君の全てが壊れてく天の助けが差し伸べた救いの手を差し伸べた良く見たら虫がうじゃうじゃ君の全てが壊れてく三途の川にやってきた牛車に揺られやってきた紫色した川の底君の全てが壊れてく

閉じ込められて完成を目指して見つけたのは空虚な飢餓感閉じ込められたまま一生を終え完全になるそれが何かと見つけ出し反吐が出るほど言葉を失い欲望のはけ口はタコツボと化し我関せずと我は居座るのだ再出発再出発

飛び出す数多の言霊は畸形かされた像の群れ木漏れ日に晒されて君の全てが壊れてく足首がもぎとられ不死鳥は飛び立った雛のように喘いだら君の全てが壊れてく後光の鐘を鳴らしたら光は影へと変わりなす邪悪な三つ目が覗き込み君の全てが壊れてく今ごろやつは風の中罰を交わして仏となるアミダの数は増やされた君の全てが壊れてく

ブッダブッダブッダペテン師ペテン師ペテン師ペテン師や・ろ・う!!!!

変革的極東主義
タガの外れたわたくしはどどめ色のコーラを飲みほし、真っ赤に染まったバーガーを口いっぱいにほおばるのです。
それは国会で巻き起こる一連の絵空事をまるでコメディドラマのように笑い飛ばすのと同じ気持ちであります。
回る天井を尻目に、ドライバーで一つ一つねじを抜き、築き上げた薄ら笑いはモザイクの都市に、本当に良く似合う。
あたかも歴史上前からあったかのように、そこには人工の海が続き、過去は消えたのです。消えたのです。
われは日本人われは日本人われは日本人われに光を
黄色い猿めを殺しちゃえ白い豚めを抱きしめろ
われは日本人われは日本人 われは日本人 われに光を
黄色い猿めを殺しちゃえ白い豚めにまたがれ!!
うぬぼれた心臓は突然早まり、わたくしの言葉を奪うのです。
スライスチーズを舐めまわしながら、わたくしはすっかり"できる"人間と勘違いの発作に巻き込まれるのです。
"性病は生きるための必要悪だ"と言う薄汚れたばばあの言葉を鵜呑みにし、わたくしは今日も白い便座の上でしこしこしこしこ自慰にふけるのです。
虚しさを通り過ぎて、苦虫になった時の共同体感覚はようやく日の目を見、それはまるでけつの穴を開発され尽くした処女のようにことごとく平衡感覚を失い、光の中へ埋没し、そして安心しきって眠るのです。
眠るのです。
変革的極東主義 われに光を
黄色い猿めを殺しちゃえ白い豚めを抱きしめろ
変革的極東主義 われに光を
黄色猿めを殺しちゃえ白い豚めにまたがれ!!

イマラチオ
fuck'infuck'in強制ファッキンfuck'infuck'in強制ファッキンfuck'infuck'in強制ファッキンfuck'infuck'in強制ファッキン思わず嗚咽イマラチオ思わず嗚咽イマラチオ思わず嗚咽イマラチオ思わず嗚咽イマラッうぅおえーーゴホゴホぐわーイマラーーーーチオ!!!!

Weather Report
吹き抜ける嵐に身を任せたら吹き抜ける嵐に身を任せたらどこまで行ける

「明日は嵐です。どこにも行けない。身をズタズタにされ、切り裂かれる事でしょう。」
「明日の予報は,,明日の予報は,,,明日の予報は,,,,,身を粉々にして敗北する事でしょう。」

雨ニモ負ケテ風ニモ負ケテ見上ゲテミタラアナタハイナイ
雨ニモ風ニモ晴レニサエモ見上ゲテミタラアナタハ奈落

キノコとその現象
ふわふわキノコかもめのように池に浮かぶキノコの木胞子ばら撒き霧が包みガラスのようにキノコの木とてもでっかいキノコが頭に生えそれはいつしか欲望となりわたしの心を奪っていったわたしの全てを奪っていったとてもおっきなきのこがからだのなかのいちぶにはいってきてそれはいつしかほんのうとなりわたしのすべてになっていた
1本二ほんさんほんⅣほn五本ろっぽん7ほん8pon9ほん10ポおん11、12 十三、じゅうよん キノコの木

クリーニング・ソング
「クリーニングを開始します。クリーニングを開始します。クリーニング中です。クリーニング中です。クリーニングを終了しました。クリーニングを終了しました。CDをお切りになってお待ちください。CDをお切りになってお待ちください。」

酩酊
揺らされてる日常 バランスが崩れてゆく二つの光が交差するたび メロウなリズムに腰を振る儚いネオンの調べ 緩く流れる時間のサダメそれはまるでレモンハート酸っぱく苦い狂った果実上と下が交差する秩序を失う方法新たな言葉が生まれ獣のように腰を振る饐えた匂いと化学式自分を開く通過儀礼それはまるでハードケージ 酸っぱく苦い狂った病
朝が来た夢見心地 頭痛い夢見心地  一日の始まりだ一日の始まりだ

犬死に
僕は運ばれて光を閉じ込めてひざを抱えたまま部品をはめられた僕は運ばれて光を閉じ込めてひざを抱えたまま部品をはめられた

しだいしだいに脳が溶けてったしだいしだいに体が無くなったしだいしだいに全てを悟ったしだいしだいに完全になった

ねじはもうないねじはもうないねじはもうないねじはもうない

流動非可逆激情装置O2浪費二足歩行CO2増築マシーン乱数的連続行動
流動非可逆激情装置O2浪費二足歩行CO2増築マシーン乱数的連続行


「お父さんお母さん僕を裏切るなんてやめて!!お兄ちゃんお姉ちゃん僕は一体何してるの!?おじいちゃんおばあちゃん僕は間違ってなんかないでしょうっ!!!弟よ妹よ僕は一体誰だろう!???」

Myself in Myself
私の全てを忘れて私は私になるだけ...。


遥かなる大空、それは名もなき吟遊詩人の名もなき詩
Ⅰ、太陽と未来 Ⅱ、地の底、そして掘り進む欲望 Ⅲ、発射!!-心的外傷からのあくなき脱却-
うわごとのようにつながっていく光のあらすじそれは閃光のように拡がるパラノイドの一生
うわごとのようにつながっていく光のいずれそれは閃光のように拡がるパラレルな行く末

藁になった少年
「あ~退屈だなあ あ~こんな夜は 真っ青な空  犬・藁たずさえ真っ火となれ!」
少年は叫ぶ夢なんて無いと少年は叫ぶうそは嫌いだと少年は叫ぶ モラルなんていらない
少年は藁になった燃えつき白く灰になった

少年は叫ぶ希望なんて無いと少年は叫ぶ 不条理は嫌だと少年は叫ぶ ルールなんていらない
少年は藁になった 燃えつき白く……
God  controlled world We forgot you It’s surrounded with you System over down They  used old  world I forgot you It’s surrounded with me Lucy, Hey come-on

「犬を連れた少年は くるみ割り人形を聞きながら、 連れ行くその犬の首になわを巻いた。」

Upper Of Upper Come-On Upper Of Upper Come-On Upper Of Upper Come-On Upper Of Upper Come-On

「そしてその首からはきれいな花が咲いたそうだ。」

少年は叫ぶ 常識が悪いと少年は叫ぶ快適が全てと 少年は叫ぶ 燃えつきろ全部いらない
少年は藁になった 燃えつき白く... ...

「燃えさかる炎に抱かれ少年は忘れていた事を思い出した。そして少年は天使となり、藁とともに一生を終えたそうだ。」

追いはぎ節
追いはごう追いはごう 姉ちゃん綺麗だ追いはごう
追いはごう追いはごう 記念にどうだ追いはごう
追いはごう追いはごう 情緒深げに追いはごう
追いはごう追いはごう 有り難うで蚯蚓(みみず)ははたち
追いはごう追いはごう 兄ちゃん凄えぞ追いはごう
追いはごう追いはごう 紙札さあさ追いはごう
追いはごう追いはごう 趣介して追いはごう
追いはごう追いはごう 有り難うで蚯蚓(みみず)ははたち

追いはごう追いはごう 追いはぎ節でさあ踊ろうよ

「踊る阿呆に見る阿呆、時は現代無常の世界、よってらっしゃいみてらっしゃい、鸚鵡(おうむ)が返す活動写真、闇市でルンバ、色町でジルバ、この世はどうせ身代わりだらけ、行きはよいよい、帰りは地獄、歌舞伎者の溢れ咲き。追いはごう追いはごう、追いはぎが原へ蛍狩り 追いはごう追いはごう 陽が暮れる。」

桜墓標
桜の花が舞い散るころに 指先膨れ混じっていった
色めく花が吹き飛ぶあとに 浮かび上がるは桜の墓場

俗物
例えば 君が自殺するならば       私は止められず泣き崩れるだろう
例えば 君が芋虫ならば         迷わず殺し泣き咽ぶだろう
どうせ私は 血まみれの獣        首を投げ合いナイフを差し出す
どうせ私は 手負いの獣         体を貪りナイフを突き刺す
例えば 君が人を殺したなら       私は虚無の中で狂うだろう
例えば 君が青い蝶ならば        篭に鍵掛け飼い殺すだろう
どうせ私は 血まみれの獣        首をへし折りナイフを吐き出す
どうせ私は 手負いの獣         体を弄りナイフを動かす
我々 俗物 我ら 俗物也。


Pink Potage On the Sun
甘い香りがしたから                      人を殺してみました
花壇に花が咲いたから                    人を殺してみました
楽しい朝が来たから                    人を殺してみました
人が困っていたから                   人を殺してみました

甘い香りがしたから                      人を殺してみました
花壇に花が咲いたから                    人を殺してみました
楽しい朝が来たから                    人を殺してみました
人が困っていたから                   人を殺してみました

俺はただの一寸案山子    つまらない言葉は使わない
俺はただの立ちんぼ案山子  余計な言葉は発しない

「対岸に火事を起こしたとして 俺は火の手を消すつもりはないさ もえさかる炎を見つめ笑って 火の手がただまわらないようにする」
「よどんだ目の鳥が何を持とうとも 俺はおまえを引きとめはしないさ ただ一つただ一つ頼むだけ    俺を巻き添えにしないでくれと」

ah~      pink potage on  the     sun pink potage on the sun

「やめてくれ 俺の足をつかむな! 俺はここで立ち尽くしたいだけさ  誰が来ようとも動かないから  ただ無心で過ごしたいだけだから」


銀河体操
まずは腰を廻し太陽系をイメージです1,2 1,2 銀河宇宙 1,2 1,2 銀河宇宙 次は腕をぐるぐるぐるぐるブラックホール1,2 1,2 銀河宇宙 1,2 1,2 銀河宇宙 胸をグイッとそらし気分は三日月ムンムンムン1,2 1,2 銀河宇宙 1,2 1,2 銀河宇宙 続けて足を折り折りオリオリ流星群1,2 1,2 銀河宇宙 1,2 1,2 銀河宇宙  飛んで跳ねて飛んで跳ねて1,2 1,2 銀河宇宙  手広げ足広げ1,2 1,2 銀河宇宙   あなた自身がお星様 銀河の1つ 地球の住人1,2 1,2 銀河宇宙 1,2 1,2 銀河宇宙


BIO-HAZARD
Dead or Alive fuck'in your face.
Dead or Alive fuck'in your sense.
Dead or Alive fuck'in you and me.
Ah~!!CONTINUED MY VOICE.
死してなお生き続ける魂  死してなお生き続ける魂 
死してなお生き続ける魂 死してなお生きてるように演じる
鳥ども集まり 夢見て語る 迷いの中で探りあい 妥協のリズムに乗れるカスタム
Ah~!!HELP ME,MASTURBATION.
Dead or Alive fuck'in your face.
Dead or Alive fuck'in your sense.
Dead or Alive fuck'in you and me.
Ah~!!CONTINUED MY VOICE.
Dead or Alive fuck'in your face.
Dead or Alive fuck'in your sense.
Dead or Alive fuck'in you and me.
CLOSE MY BLOOD!!! CLOSE MY BLOOOOOOD!!!!


夕暮れの小人さん
夕暮れの小人さん 私の靴はどこですか?


無間の帝國
仮想             殻に閉じこもってみせるジョーク
現実             より良くする為の最善の手段
本能            鬼畜たちが暴れまわる汚物
理性            攻撃を避けるための防破壁
仮想            真実が詰まった本当の瞬間
現実            多数決が支配する空間
本能            葛藤の深淵に放つ輝き
理性            不満の中に生まれる異分子     

どっちが正しいかは分からない         どっちも正しいとは思わない
        でもその場所に帝國を作る
           無間の帝王の国
俺の前にひれ伏せ!              国民たちよひざまずけ!
      俺は帝王        お前ら愚民
           無間の帝王の国
    俺の前にひれ伏せ!              国民たちよひざまずけ!
      俺は帝王        お前ら愚民
           無間の帝王の国
お前らは                   俺に取り込まれた
皆が                     自由に玉座に座る
後ろで手を引く                本当の力
           無間の帝王の国
どっちが現実 どっちが仮想          どっちが理性 どっちが本能
どっちも似たようなうそ            どっちも似たような真実
選べない                   取捨選択
今日 から 俺 も       狂 気 の 沙 汰?


サクロ・エゴイスト
我 是 你 你 是 都
黒といったら 黒 白といったら白の封殺 暗黒の世界で 絶対 反対 などしないで せかせか がたがた道を 歩いてく

我 是 你 你 是 都
閉じた社会で 対策立てて 金策励んで 何も出来ずに やる気なく こぶしも振り上げず (おー!!)川だ 池だの 埋めていく

狂った磁場の中で 中まで腐って うわついて ついでに巻き込み こみ上げる 嘘も方便 抜かすペテン師 信じる ヒューマニズム ズームしたら最後はアーキタイプ タイプ 感覚 区別できず クズ粒子の塊 絡まりつく理屈 嘘ばかりが はびこる

転回も無く 懺悔も無く めくらにする 一糸乱れず 頭 イカれる 頭 それ信じて 真実語る 正義の使者 死者になって 棺に入る
サクロ・エゴイスモ イズ カミング
サクロ・エゴイスモ イズ カミング
サクロ・エゴイスモ イズ カミング
サクロ・エゴイスト イズ ・・・

カルマを背負い 地獄に落ちた 何も分からず イデアを感じ取る 奥のベッドでせせら笑う 聖者 生者を亡くして 上に立つ

いないいないばあ

きみは~いな~い  に~んげん             ぼくに~はわ~か~る~
すべて~こわ~して~           さあ   きえて~            なく~な~れ~
きみは~いな~い  に~んげん           ぼくに~はわ~か~る~
     すべて~こわ~して~           さあ               さよお~~な~ら~
じかんが~すすみすぎて~               ぼくは~まぶしくて~
きおく~がなくなった~                ただお~いぼれた~
じかんが~すすみすぎて~             ぼくは~まぶしくて~
きおく~がなくなった~                ただわ~かがえった~
じかんが~すすみすぎて~               ぼくは~つぶされて~
きおく~がつくられた~                いない~いないばあ~!

横浜ブルーズ

波止場であなたを待ち焦がれ、指輪の跡は波に濡れ、
シーサイドビューが広がって私は横浜ブルーズ。
かもめが空へと舞い上がり、私は枕を濡らす日々、
マリンタワーは光受け、私は横浜ブルーズ。
露とも知らず人は去り、私は途方のヤミに立ち、
山下公園消え果てて、私は横浜ブルーズ。
赤レンガに挟まれて、私は虚ろと成り果てて、
虚空の空へと身を投げて、私は横浜ブルーズ。
みなとみらい明るい未来、希望の都蜃気楼。
・・・・・されど横浜ブルーズは止まらない。

Seven Days Map(by the 「Japanese People」

SuNDaY 激しくルーティンワーク繰り返すファミリアタイム
MoNDay 狂乱DJと踊り明かすナイトショー
TueSDaY 今日も早よからギュウギュウ詰めのミニマルサーカス
WedneSDaY 頭をイジェクト 睡眠不測でレディーゴー!
ThurSDaY 働きづめで脳も揺れる バグルッすマイブレイン
FrIDaY バーチャル世界でイカした天使高速ランニング
SatuRDaY 血まみれで毒気抜かれるグッドスリープカモン!

SeveNDaYs 動けず何にもできずすげえempty of 日常。

Lonlely Section No 1 Statement

ニセモノ集まり ホンモノけなす
ホンモノ集まり ニセモノけなす
ホンモノなんて初めからねえ
そこにあるのは空虚の空洞
行動包む悪意の言動
全てを包む見栄の膨張
明日は見えない未来はない
とうとう消える化粧(けわい)の空へ

空高く天高く突き抜ける黒雲の空へ俺は立ち尽くすただ語りつくすcontroll my 感情 愛情 its my 革命 自明の事実 ただ楽しむだけ 純粋なだけ 計算高く 金勘定 しょうがねえ いらねえ スキル お前は何を考えてる 私はしっかり考えてる 全てを考え 視野狭く( )にはまる猿芝居 格好の餌食 レールの響き 全てを失い挑んだもの でも結局残るのはIts only 快楽思考。

散文詩

天下泰平に咲く一輪の花
夢は浮世と変わりける
幾つもの青空が骸と化し少年は血飛沫を受け大人へとなる
欺瞞 強盗 畜生 金貸し
暴力 放火 美人画廊
舌切り雀は頭打ち
鶯嘘つく嘘八百
青空緋色と変わりける
現世はつわものどもの跡
  ぼ                    けっ      く                 きょ       ら               く      ぼ                 ひ     ん                   と    く                   り   ら

灯篭漂う枯山水

・・・見知らぬ時に出会うためにかの川に体を浮かべけり
===蓮の花が咲き乱れける一期一会に流れゆく
:::身の程知らず思わされて亜空の果てへと頭を垂れる
<<<夢はまた先円にぞ結ぶ水あらば海土あらば山
+++唯一無二のバラガキ風情が人間あはれと悟りけりて
***人生大悟の生を授かりける火花散らして派手に翔ける
降り立つ歩み 木々となる
降り立つ木々 森となる
降り立つ森 大地となる
灯篭漂う 枯山水

心ゆくまま気の向くままに 言葉連ねてここに凛と立つ!!!!

暁-巌流の彼岸-
武士たちよ 魂より集め 我(すなわち理由)解き放て いざ行かん

地・水・火・風・空

THE MAN WITH AN○L GUN
アナル アナル 埋める 埋める アナル アナル 埋める 埋める アナル アナル 開放感 疾走感 開放感 疾走感 アナル アナル アナル アナル アナル・・・

プレスCD「LOVE」より
●ア/カ/イ/チ/シ/ブ/キ
アカイ チノ カオリ

● nuclear island
I LOVE YOU

● 室内クラブ
CHECK IT OUT!
1,2.3.4で叫びだす
おまえのことばを探し出す
脳髄引きずり回す
俺の言葉を包み込んで
ビニール袋がほとばしる
さかさまの新聞を読み違える醜聞
盛り上がる広がるその隙間に見える
欲望が絡みつくその言葉に酔いしれる
Oh My Merica ICHIBAN 上まで照らす
1.2.3.4で飛び出す1.2。。。。
1.2.3.4で飛び出すCHECK IT OUT!!

●how many?
how many? how many?
catch the hurt? catch the hurt?

● LOVE?
buy S×X buy S×X buy S×X

●NO WORLD
・・・   
*随時歌詞を変更することがあります。その点、ご留意ください。またキッチュ一人楽団の記録ですので、もうやらないだろうという曲の歌詞もあえて掲載してます。はい、恥かしいです。なお全ての歌詞の著作はキッチュ一人楽団が保有してます。
 

ホームページへのリンクは自由です。
©kitsch hitori gakudan

Proudly created with Wix.com

  • Facebook Basic Black
  • YouTube Basic Black
  • Twitter Basic Black
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now